任意整理するための条件とは?

任意整理するための条件とは?

任意整理するための条件とは?教えて!

借金問題の解決として任意整理を行い、新たに債務のない生活を送られている人が多く存在しています。景気回復とも言われてはいますが、一般市民にとってはそれ程、恩恵を受けることはなく主婦においては財布のひもは今だ硬く結ばれているようです。

 

そこで様々な理由で借金返済が困難とする人は少なくないようで、任意整理するための条件が気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは必要とされる要件をクリアして、借金返済するための秘訣も紹介していますので最後までご覧くださいね!

 

これだけは知っておきたい任意整理条件!

 

任意整理するための条件として、安定した収入を得ている人が必須となり、3~5年を目安とした返済能力がある方が手続きを行うことができます。自己破産のように借金が全額免責となるわけではなく、手続き終了後は債権者へ減額された債務を毎月支払っていかなければなりません。

 

そのため無職では絶対に行うことができませんので、すぐに定職につくことが無理ならアルバイトやパートで収入を得る必要があり、場合によっては自己破産を選択することも視野に入れなければならないようです。そして借金の金額によっては大幅な減額が期待できる個人再生の手続きとした方が債務者にとって最善の場合もあります。

 

そのため現在の収入、生活、債務状況に応じた債務整理をすることが必要となります。

 

生活保護受給者でも任意整理できる?

 

国が生活に困窮するすべての国民に対しその困窮の程度に応じ、必要な保護を行いその最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とするとしているのが生活保護としています。そこでその保護費で任意整理の返済ができるのか気になるところでもあります。

 

基本的にはお金の使い道は節約をしての生活を求められていますが、特別に記載されているわけではありません。しかし保護費での借金返済は認められておらず、罰せられることはありませんがバレタ際には一時支給がストップされることが予想されます。また仮に任意整理中の人が生活保護の申請をした場合には、借金をなくしてからつまり自己破産により全額免責としてからの申請を進められることとなります。

 

そして生活保護受給者が任意整理手続きを専門家に依頼した場合には、たいていのところでは断られ受任されることはなく違う方法での債務整理が提案されることが予想されます。

 

任意整理を成功するための秘訣とは?

 

裁判所へ通す必要のない唯一の債務整理とし、比較的簡単な手続きとしており個人で行うことも可能としています。しかし債権者との交渉は素人にとっては困難とする場合もあり、和解に応じてくれないところもあります。また多重債務となれば複数の債権者との話し合いは時間も労力も必要となります。

 

そして交渉内容として利息制限法による引き直し計算はもとより、将来の利息カットを渋る業者も少なくないようです。そのため任意整理を得意分野としている司法書士、弁護士に相談をし依頼することが、成功の秘訣としています。

 

債務整理費用が用意できないという方でも、分割での支払いに対応しているところや法テラスを利用することで諦めず専門家に任せることができるとしています。

トップへ戻る