任意整理と個人再生は何が違うの?

任意整理・個人再生は何が違うの?教えて!

多重債務としている人や借金返済が困難としている方では、法的手段として債務整理を検討する人が多いのではないでしょうか。そこで任意整理と個人再生の違いについて関心を高めている方もいるようです。ここではそれぞれのメリット、デメリット、特徴をまとめ相違点をまとめてみましたので参考としてご覧くださいね!

 

任意整理のメリット・デメリット

 

借金返済が困難としこのままでは支払い不能に陥ってしまう状況の人が手続きを行う法的手段としています。そして裁判所を通すことなく比較的簡単な手続きとしています。任意整理の特徴として下記の通りとなります。

 

  • 債権者を選択して借金整理することができる
  •  

  • 引き直し計算により借金減額と将来の利息カットが期待できる
  •  

  • 毎月の返済額が少なくなるため無理なく支払うことができる
  •  

  • 比較的、家族や職場に内緒で借金問題解決することができる

 

そしてデメリットとして信用情報機関に金融事故として記載され、5年程削除されるまではクレジット会社や消費者金融、金融機関から新規でお金を借りることはできずローンを組むこともできません。また任意整理対象としたところでは、自社の履歴情報が記録されているためブラックが削除されても再度借入れすることはできません。

 

債務整理のなかでもデメリットは少なく早くに手続き完了とし、費用も比較的安く抑えることができるのも特徴としています。

 

個人再生のメリット・デメリット

 

多額の借金を背負い込み経済的にも生活でも困窮している人が手続きをおこなうとして、個人、事業主の再建を目的とした債務整理となります。裁判所への申し立てが必要で複雑な手続きとしており、時間、費用がかかることも特徴としています。しかしメリットも多々あり多くの人が個人再生により再生の道を歩むことができます。

 

  • 住宅ローンを以外の借金を5分の1と圧縮することができる
  •  

  • マイホーム、車など手放す必要がない
  •  

  • 大幅な借金減額により無理なく返済することができる

 

個人再生ではメリットが大きい反面、デメリットが多くあります。

 

  1. 計画に沿った支払いを滞納した場合には借金がもとに戻ってしまう
  2.  

  3. 信用情報機関に金融事故として記載
  4.  

  5. 国の機関誌である官報に掲載される
  6.  

  7. 債権者の過半数の承認が必要(給与所得者等再生手続きを除く)

 

任意整理と個人再生の違いのまとめ

 

どちらとも安定した収入を得ていることが条件とし、借金全額が免責となることはなくその後、計画的に返済する必要があります。そこで二つの相違点として裁判所を通すか必要がないということがあげられます。個人再生では地方裁判所への手続きとしており、代理人がいない場合には再生委員を選任する必要があります。

 

そして債権者を選ぶことができるかどうかも大きな違いとなり、任意整理ではカーローンがある場合、車を失いたくなければ対象外とすることができますが、個人再生では全て対象となります。そのためローンとして支払っている場合には、車は強制的に回収されてしまいます。

 

また手続きの難易度も違く、その分個人再生では裁判所の予納金や弁護士、司法書士に支払う報酬も高額となり、要する時間も長くなることとなります。任意整理と個人再生のどちらが良いとするならばそれは、債務、生活状況に応じて決めることが早くに再生を図ることができるとしています。