個人再生が得意なのは弁護士って本当?

個人再生が得意なのは弁護士って本当?司法書士と比較

マイホームを手放すことなく借金を圧縮することができるとした債務整理により、個人、事業主において再建を図るとして手続きをする人がいます。そこで弁護士は個人再生を得意としているのか気になるところでもあります。一般的には司法書士の方が費用は安い設定としていますが、どちらに依頼するべきか迷うところでもあります。

 

司法書士と弁護士の違いについて!

 

弁護士は法律業務の制限なく業務を行うことができ民事、刑事事件、身近なトラブル、法人、個人の借金問題解決などとしています。そして司法書士においては登記・供託を扱う資格とし書類作成などを専門としていましたが、近年においては司法書士法改正によって示談交渉権や簡易裁判所代理権が認められるようになりました。

 

そのため債務整理の任意整理、個人再生、自己破産においても積極的に取り組んでいる事務所も多く存在しています。しかし司法書士においては地方裁判所での代理人としての権利はなく、個人再生においては書類作成、相談、サポートとしており、弁護士の全面的なトータルサポートとしての違いがあるようです。

 

個人再生の弁護士の役割とは?

 

裁判所への申し立てから書類作成、計画案の作成、代理人としての活動など最初から認可確定とするまで全面的にサポートしてくれます。そして裁判所により異なりますが、たいていは弁護士が代理人とする場合には再生委員の選任をする必要はなくその分の出費を抑えることができます。

 

そこで全て任せたいのであれば、弁護士に個人再生を依頼することをおすすめします。そのため債務整理のなかでも個人再生においては弁護士に依頼するケースが多いため、必然的に得意分野としている専門家も多いようです。

 

個人再生を依頼する際の重要ポイントとは?

 

  • 無料相談としている
  •  

    相談が無料としていれば手元にお金がなくても今後の借金問題の解決としての方法を提案してくれます。また何度でもOKとしているところなら時間や回数に関係なく、気になることや疑問に思ったことを聞き理解することができるとしています。そのため安心して依頼することができお互いの信頼関係も深めることができます。

     

  • 債務整理の経験実績がある
  •  

    個人再生は複雑な手続きとしており、経験が豊富としている弁護士であればスムーズに再生計画案の認可が確定することができ、借金問題から早くに解放されることが期待できます。そして小規模個人再生手続きでは債権者の半数の賛成が必要とし、積極的な話し合い、交渉も必要となります。不慣れであったり、経験が少ない場合には時間を要することも予想されるようです。

     

  • 個人再生費用の明確な設定
  •  

    債務整理の費用は法律事務所により様々な設定としています。そこで高ければそれだけの成果が期待できるというわけでもなく、安いからといって業務がおろそかになるとは限りません。そこで費用の設定が明確としており、安心価格としているところに注目しておきたいところでもあり他社との比較も大切となります。

     

    そして個人再生の費用は司法書士よりも高いところが一般的としており、それは職務権限が多いことが理由としています。しかし司法書士では再生委員の選任により別途裁判所への予納金が必要となりますので、それ程最終的にかかる費用は変わらないとしています。それならば個人再生を得意としている弁護士に依頼することで安心、信頼して任せることができるとしています。