闇金の特徴と傾向について

闇金の特徴と傾向について※対策方法

昨今ではお金を借りる際には即日融資や簡単な審査により、保証人不要で融資を受けることができます。急な出費や内緒での借金を返済するための借入れなど理由は様々としていますが、絶対に手を出していけないのが闇金となります。ここでは闇金業者の最近の特徴と傾向について検証しまとめてみましたのでご覧くださいね!

 

消費者金融と闇金の違いとは?

 

闇金は貸金業の登録を行わずに違法な高金利で貸付をする違法業者とし、消費者金融は貸金業の登録をし利息制限法内である金利の貸付としている正当な貸金業者としています。大手消費者金融としてアコムやプロミス、アイフルなどは有名、知名度が高いところもありますが、地元に密着した個人経営としている街金もあります。

 

そこで比較的審査が緩いとしている街金のなかにはヤミ金業者もまぎれ込んでいる場合もあり、知らずのうちにお金を借りてしまったという方も存在しています。お金の融資を検討するなら貸金業登録番号が記されているのかチェックする必要があります。

 

昨今の闇金の特徴、傾向を知るべき!

 

様々な方法にてお金を貸し悪質な手口により法外な利息をだまし取るとしているのが闇金の特徴としており、それに騙され借金地獄にハマってしまったという傾向としている人がいるようです。雑誌やインターネットなどの宣伝広告や、官報などにより情報を収集してお金に困っている人にFAXやダイレクトメール・スパムメールを送るなどして融資を促します。

 

そこでブラックリストでもお金を貸すとして、多重債務者や債務整理を行った人、主婦や個人事業主などをターゲットとしており甘い誘惑に負けてしまい借入れをしてしまう人もいるようです。少しなら大丈夫と思ったのもつかの間とし、ヤミ金の巧妙な手口により平和な生活が一転として人生の奈落の底へと引きずり込む傾向としています。そのためにも絶対にヤミ金からお金を借りることは避けなければなりません。

 

闇金の悪質極まりない手口とは?

 

  1. 支払いを遅らせるなど完済をさせない
  2. 強制的に入金をする押し貸し
  3. 貸してもいないお金を請求する詐欺行為
  4. 年金、生活保護費、障害者手当を担保とした貸付
  5. 複数のヤミ金への借入れを強制

 

高金利の貸付に高額の延滞料金とするために、一時的に電話がつながらなくなったり担当者が不在で支払いができない状況を作り出すこともあります。そうすることで元金の完済ができなくなり、利息、延滞料金がさらに上乗せされ少額としていた借金が多額と膨らむとする場合もあります。また借主の有無もなく口座にお金を振り込みお金を借りたことにされてしまうこともあります。

 

上記のような手口によりお金がなく困っている人の弱みに付け込んではお金を貸し、巧妙な方法によりお金をだまし取るとしています。そして融資を受ける際には住所や連絡先、勤め先などの情報を必要とするのはどこの貸金業者でもみられますが、ヤミ金の場合に取り立てや脅しのためとして執拗に要求してきます。違法業者としていますので催促においても、一般とは危険な取り立て行為とすることもあるようです。