借金の取り立てがキツイ

借金の取り立てがキツイ・ツライ

何らかの理由によりお金を借り、計画的に返済できればよいのですが、問題やトラブルにより支払いが滞ってしまう人もいるようです。そこで借金の取り立てがキツイとし精神的にも辛い日々を過ごしている方もいるのではないでしょうか。

 

一昔前のように強引な取り立てや催促が少なくなったとしても、お金を返せないという後ろめたさや家族や職場にバレテしまうのではないかという不安などは債務者にとっては計り知れない苦痛となるようです。そこでここでは、借金の取り立て、催促の不安から抜け出す対策を紹介していますので今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

消費者金融の催促に注目してみた!

 

貸金業者によっては手紙での催告とする場合や携帯での催促の電話となります。そして暴力的、乱暴的ではなく事務的とした対応となります。特に電話の場合では優しい口調としていますので恐れる必要はないようです。今後の入金日を伝えることでその後の催促はなくなります。

 

しかし電話を取らなかったり、催告状を無視することにより何度も取り立てが行われ、家の電話であったり勤務先への電話などが行われるようになります。終いには連絡が取れない場合として自宅に訪問することもありますので、逃げずに返済ができない理由や今後の支払い予定など伝えることが大切となります。どの様な場合でも暴力的、規制法に違反するような取り立てはありませんので安心しても良いようです。

 

ヤミ金の取り立てに注意!

 

元々、違法業者としていますので催促の仕方も最初はやんわりとしてきますが、返済ができないとなると貸金業規制法に違反または近い取り立てが行われることが予想されます。規制法に定められている時間外や関係のない家族や知人、会社などに接触することも考えられるようです。

 

その場合には違法としていますので、身の危険を感じたのなら臆することなく即、警察に通報することをおすすめします。そして弁護士や司法書士でヤミ金専門としているところに相談することで、今後の対策を模索してくれ全面的に手助けしてくれることが期待できます。

 

借金の催促から解放されるには?

 

違法な取り立てとしなくても貸金業者からの取り立て、催促が精神的にキツイとしている人は、迷わず法律の専門家に相談しましょう。昨今では債務整理相談を無料としているところもあり、メール、電話、面談により解決するための方法を提案してくれます。話をすることで気持ちも楽になり、これから借金のない新たな生活の一歩として踏み出すことができます。

 

そして依頼することにより受任通知を債権者に送ってくれますので、それと同時に催促をストップすることができます。取り立て規制の一つとして依頼することで債務に係る処理は弁護士、司法書士が委任することになり、債権者は債務者に対して取り立て行為をしてはいけないとしています。そのため借金の返済が困難とし催促がキツイ、辛いとしているならまずは専門家に相談することをおすすめします。