弁護士の着手金・基本報酬・成功報酬って何?

借金弁護士の着手金・基本報酬・成功報酬って何?

借金を抱え、多重債務や返済が困難としている方では法律の専門家に相談する人も多いのではないでしょうか。そこで敷居が高いとされている弁護士は、昨今では気軽に相談、依頼することができるとしているところが増えています。司法書士よりも費用が高いとされてはいますが、果たして弁護士費用の着手金・基本報酬・成功報酬って何?関心を高めている人もいることでしょう。

 

それぞれの公式サイトで債務整理費用の比較をすると表示されていますので、気になるところでもあります。ここではどの様なものか簡潔にまとめてみましたので、ご覧くださいね!

 

債務整理における弁護士費用の種類とは?

 

  1. 法律相談料
  2.  

    弁護士事務所によっては借金相談は何度でも無料としているところや、初回の30分、60分無料としているところもあります。しかし通常は30分で5,000円程度の相談料がかかるところが一般的としています。

     

  3. 着手金
  4.  

    結果の成功、不成功、稼働時間に関係なくその案件に対応してもらうために支払う弁護士費用の一部で、業務処理の対価の一部としています。原則として返金されないものとしており、案件の難易度により着手金の額は増減します。任意整理であれば1社平均2万円とし、個人再生なら30~50万円、自己破産の場合では20~50万円となります。

     

  5. 基本報酬
  6.  

    任意整理であれば1社につき2万円としているところが多く、報手金として表示しているところもあります。

     

  7. 成功報酬
  8.  

    結果の成功の程度に応じて支払う弁護士費用で任意整理では、引き直し計算で債務が減額したことに対する報酬として相場は減額した金額の約10%としています。また過払い金返還の成功報酬として平均として取り戻した金額の20%前後としています。そして減額報酬と表示しているところもあります。

     

  9. 実費
  10.  

    裁判所への収入印紙代、郵便切手代、予納金とは別に、弁護士にかかる実費として交通通信費、宿泊料、保証金、保管金、供託金、その他委任事務処理に要する費用などが掛かる場合もあります。

 

弁護士に債務整理を依頼した際には、報酬額には一律の基準はなくそれぞれの報酬基準により依頼者との協議により自由に取り決めることができます。そのため事務所によっては着手金、成功報酬は0円とし基本報酬に上乗せしての費用としているところもあります。また個人再生、自己破産では着手金、実費としているパターンもあり、事務所によっては弁護士費用の設定、表示の仕方が異なります。

 

弁護士費用の分割支払いも可能?

 

債務整理など経済的に苦しい状況としている場合には、1年もしくは無理なく支払いができるよう分割での返済を可能としている事務所が多く存在しています。また相談、着手金、成功報酬を0円としているところもあり、手元にお金がないという方も諦めずに弁護士に依頼することができます。

 

債務整理の弁護士費用は事務所によっては、料金設定にかなりの幅がありますので費用比較も重要としています。しかし安ければ、高ければ良いというわけでもありませんので選択肢の一つの決めてとして参考にしておきたいものでもあります。